発達障害についての相談やサポートが無料で受けることができる発達障害者支援センターの活用方法からサービス内容
坂 副院長坂 副院長

「人付き合いが不得意」「仕事がスムーズにいかない」など、一見するとわからないところで生きづらさを抱いている発達障害。

しかし、「どこに、どのように相談すれば良いのか…。」と疑問に思う方も多いかもしれません。
そのような場合に有用なのが、発達障害者支援センターです。

発達障害者支援センターについて

発達障害者支援センターとは、発達障害のある子ども、大人、またその関係者を支援するための専門機関です。
都道府県や指定都市が実施主体となり、運営は直営の場合と社会福祉法人、特定非営利組織へ委託している場合とがあります。
現在は全国に67個のセンターがあり、保健・医療・教育・福祉など様々な機関と連携を取り、発達障害のある方やご家族からの相談に応じています。
障害についての相談ができる場所には、医療機関、都道府県の更生相談所や児童相談所、市町村の母子保健担当や療育相談、発達相談などもありますが、発達障害者支援センターは、発達障害についての相談に特化しています。

発達障害者支援センターを利用可能な対象者について

一般的に利用することができる対象者は、センターが設置されている都道府県に在住の発達障害がある本人またはその関係者です。
ここで言う発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、その他これらに類似した脳の機能障害であり、通常その症状が幼少期に発現するものを指すことが多いです。
センターごとに対象年齢は様々であり、小さい子どもから大人までの幅広い年齢層を対象とするところと、大人をメインとして支援を行うところとがあります。
また個別の相談だけでなく、組織支援を中心とする福祉サービス事業所などのセンターもあるので、利用される場合はお住まいの地域にあるセンターへ尋ねてみてください。

発達障害者支援センターで実施している支援について

発達障害者支援センターは、発達障害に関する色々な支援を提供しています。
これから説明する3つのサービスの他にも、発達障害の理解や周知を目的とした勉強会なども実施しており、発達障害によって生じる問題や課題解決のために日々努めています。
しかし、対象や相談内容はセンターによって様々であるため、あらかじめ確認するようにすると良いでしょう。

1.発達障害の相談支援

発達障害についての多方面からの相談が可能です。発達障害のある人や家族であれば、「他者とうまくコミュニケーションがとれない」「特定の物事に対し、一生懸命に取り組むことが難しい」「文字の認識をスムーズに行えない」など、生活を送る上で抱いてしまう「生きづらさ」についての相談が可能です。
また、福祉サービス事業所などでは、「日常生活の中で取り乱してしまった際の対処方法を知りたい」「発達障害への関わり方を学びたい」「コミュニケーション方法を知りたい」といった相談もできます。相談内容によっては、医療、福祉、教育などの関係機関への橋渡しとなってくれる場合もあります。

2.発達障害の発達支援

発達障害に関する支援について相談に対応するとともに、アドバイスを受けることができます。
例えばIQテストや生活スキルに関する発達検査を通して、日常生活において得意・不得意なことを確認することにより、生活を送る上で生じる課題とその対応策について整理することができます。
また、医療機関や児童相談所などと連携を図り、詳しい支援計画を作成し提案する場合もあります。

3.発達障害も就労支援

発達障害のある人が社会に出て仕事をしたいと希望する際には、就労に関連した内容の相談が可能です。
必要に応じて、障害者就業・生活支援センターやハローワークなどの労働機関と連携して、発達障害のある人が就労するために必要な情報提供をするほか、就労先を訪れ発達障害の特性について正しく認識し理解ができるような知識を提供するための活動を実施する場合もあります。

発達障害者支援センターの利用方法について

発達障害者支援センターは、基本的に無料で利用することができます。
利用する際の流れは一般的に以下のようになります。

1.センターへ問い合わせ・相談

まず初めに、センターに電話をして問い合わせをします。
その場で解決が可能な内容もあれば、センターへ足を運ぶ必要がある場合もあります。
センターの方と直接会って相談することを希望している場合であっても、事前予約が必要なセンターも多いです。

2.来所相談

発達障害についての相談を、センターの方と直接会って行います。
相談したい内容や伝えたい事柄、本人の生育歴を事前にまとめておくことで、相談する際に説明がスムーズに行うことができるでしょう。
3.必要に応じた相談の継続・他の専門機関の紹介
相談内容によって、来所を継続したほうが良いと考えられるケースや、専門の医療機関にて診察・診断を受けたほうが良いと考えられるケース、また、他の専門機関の支援を受けたほうが良いと考えられるケースもあります。

まとめ

発達障害は、知的障害を伴わないことが多く、顔や姿は定型発達の方と同じであり、見た目だけでは殆ど分かりません。
そのため、発達障害の方が抱える辛さは、他人から理解されにくいものです。発達障害者支援センターや医療機関は、人それぞれ抱えている「生きづらさ」に関する相談に応じ、個々人に適したアドバイスや支援方法を教え導いてくれる場所です。一人で悩まずに、発達障害者支援センターや医療機関に助けを求めてみるのも良いでしょう。