発達障害と密接に関連した吃音とは?【医師が分かりやすく解説】
坂 副院長坂 副院長

吃音は社交不安障害などの精神神経疾患や発達障害が併存しうることは指摘されています。2005年より、吃音症は発達障害者支援法に含まれるようになっています。

吃音(吃音症)とは、話すときに言葉の発音がうまくできない、言葉がすらすら出てこないといった症状がみられることをいいます。男性の方が多く見られるようです。

吃音の症状

吃音の症状は3つの種類に分けられます。
下記以外にも、吃音を気にするあまり話さないようになったり、話そうとすると緊張して呼吸が乱れたり、身体がいつもしないような動きをしたり、といった症状がみられます。   
 

・連続型

 話そうとした言葉の1音目が繰り返されます。(例:お、お、おはよう。)
 1音目の後はスムーズに言葉が出てきますが、話し終わってまた言葉を発しようとすると再び1音目がどもってしまいます。

・難発型

 言葉の発することができず、頑張って話そうとすると身体が固まってしまいます。伝えたいことがあるのに言葉が発せられないために上手く伝えられません。

・伸発型

話そうとした言葉の1音目が長くなったり、文の途中で「あー」と言ったり、語尾が長くなってしまいます。

吃音の原因

吃音の原因として以下のものが考えられます。

・遺伝

 身内に吃音の人がいる家系では、その子どもも吃音になると言われています。

・脳機能の影響

 脳の神経ネットワークの機能に問題があると吃音になる可能性があります。

・環境

 両親や周りの人達のなかで言葉を習得するその環境が吃音に関係していると考えられています。

・心理的なもの

 ストレスや嫌な出来事、トラウマ体験などが影響して吃音になると言われています。

吃音が起こりやすい状況

・吃音を気にしすぎた時

吃音のことを他者に指摘されると、吃らないようにと気にしすぎてしまい、さらに吃音が悪化することがあります。

・緊張や不安を感じた時

 人前でなにかを話さなければならないときなど、緊張したり不安になったときに吃音になることがあります。

・発するのが苦手な言葉がある

 人によっては発することが難しかったり苦手である行(例えばサ行)があり、その行を言わなければならないときに吃音になりやすいです。

吃音の治療方法

・トレーニング

 吃音に対するトレーニングとして、まずひとつには腹式呼吸があります。
腹式呼吸をすることで、緊張している時や吃音を意識しすぎている時に気持ちを落ち着かせることができ、吃音の症状を和らげることに繋がります。
また、お腹から声を出すので発声にも効果的です。
そしてトレーニングのふたつ目は発声のトレーニングです。
はじめはあえてゆっくり発声し、少しずつ発声の速さを調節していきます。
このトレーニングで自分の発声のタイミングを掴むことができるようになります。

・環境を整える

 吃ってしまったり、なかなか話し始めることができないときなどは、周りの人の理解や協力を得ることも必要です。
次第に吃音の症状を良い方向に活かすことに繋がっていきます。

・磁気刺激治療(TMS)

 吃音の背景にある発達障害を改善することで治療可能です。
磁気刺激治療(TMS)で発達障害の緊張の症状を改善し、リラックスできるように働きかけることで、吃音が出にくい状態に改善することが可能です。