アスペルガー症候群の人に向いている仕事向いていない仕事【医師が分かりやすく解説】
発達障害専門外来
発達障害専門外来

アスペルガー症候群の人に向いている仕事向いていない仕事【医師が分かりやすく解説】

坂 副院長坂 副院長

アスペルガー症候群の方は集中力、記憶力、論理的思考などの面で健常者以上に優れる場合もあります。向いている仕事向いていない仕事について解説していきます。

アスペルガー症候群の人が仕事で困ること

  • 指示された内容が理解できない・覚えられない(会話能力)
  • ルールが決まっていない臨機応変な対応(想像力)
  • コミュニケーションで対人トラブル(社会適応力)
  • アスペルガー症候群の人は仕事でどういったミスをしがちか

    ざっくりとした説明では理解できない

  • 曖昧な指示をされるとイライラしてしまう
  • 「はい」と答えてしまうがあまり理解していないことも多い
  • 一通り説明されたとしても細かな詳細まで説明がないと覚えられない
  • 矛盾や疑問を感じるとそこで止まってしまう
  • イレギュラーや臨機応変に対応するのが苦手

  • 気が利かないと思われてしまう
  • 段取りやルールがない仕事は苦手
  • 急な予定変更にイライラしてしまう
  • 指摘せずにはいられない

  • ルールは守らないと気がすまないので不正を見つけると言わずにはいられない
  • 上司の間違いを指摘する
  • 正義感が強いと思われる傾向があるがルールに合っていないのが許せないから
  • 大勢での仕事が苦手

  • 大勢で仕事していると発言のタイミングがわからない
  • 言っている意味がわからなくても知っているふりをしてしまう
  • 気の使い方がおかしく変な人だと思われることがある
  • 感情移入ができない

  • 空気が読めずわけがわからなくなる
  • 話に共感できない
  • 他人との距離感がつかめない

  • 人によって態度を変えるのが難しい
  • 上司にタメ口をきいてしまう
  • 極端に敬語になってしまう(友人含め)
  • 極端になれなれしいことがある
  • 冗談が通じない

  • 冗談を言われても冗談だと気づかない
  • 冗談をいわれると深くとらえてしまう
  • 社交辞令やお世辞を本気でとらえる
  • 冗談を言ってみるが冗談だと伝わらない
  • 細かい

  • 細かい部分にこだわりすぎて仕事が進まない
  • どうでもいいような部分に気が回ってしまう
  • こだわりすぎて時間配分が極端
  • 話を聞いている最中に他の気になるところがあるとそればかりに意識がいく
  • 興味が極端

  • 興味があることには何時間も没頭する
  • 興味のあることに対しての知識は深いが興味のないことは調べない
  • 融通がきかず頑固

  • 真面目である一方で臨機応変に対応できない
  • おとなしく受け身である場合が多い
  • 納得しないと動かない
  • 自分の意見はまげない
  • 自分自身のことを理解していない

  • 自分自身が何に困っているのかわかっていない
  • 疲労やしんどさもわからない
  • 人からの評価で気づく
  • アスペルガー症候群の人に向いていない仕事

  • 複数の要求を短時間に処理する仕事(レジ・レストラン・ウェイター等)
  • 予測不可能な問題に対応する仕事(旅行代理店・ディーラー)
  • 柔軟な対応が必要な仕事(オペレーター・予約係り・営業)
  • ⇒向いていないと感じたら頑張るよりも転職するほうがアスペルガー症候群の方にはお勧めです。強みを活かすことが大事です。

    苦手を避ける、得意なことをするべきです。

    アスペルガー症候群の人に向いている仕事

    一人でできる、タスクが明確、集中力や記憶力が求められる、ノルマがない職種がお勧めです。

    多くの人が苦手とする高い集中力を維持することが求められる作業

  • ライン作業高所作業
  • 精密材料加工
  • 工芸品作家
  • プロゲーマー
  • プログラマー
  • 記憶力と発想力を生かした仕事

  • 設計技術者
  • ウェブデザイナー
  • アフィリエイト
  • ゲームクリエーター
  • ファッションデザイナー
  • 写真家
  • 建築士
  • 弁護士
  • 理論的思考を生かした知的専門職

  • 大学教員
  • 予備校講師
  • 専門事務
  • システムエンジニア
  • 病理医
  • まとめ

    アスペルガー症候群といっても、その障害の程度や得意不得意などの特徴は一人一人違います。周囲の人に特徴を理解してもらった上で負担の少ない仕事につけば大いに活躍できるでしょう。

    集中力や記憶力、論理的思考などは一般的な人より優れていることが多いので自信をもって仕事を探しましょう。

    疑いを感じたら医療機関に出向き、診断を受けてみてもいいかもしれないですね。

    ■脳の状態を可視化するQEEG検査を利用した【発達障害専門外来】


    ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
    【40654Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

    医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
    脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)


    15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

    21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

    22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

    8歳女性 学習障害、ADHD合併

    技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
    QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


    QEEG検査に関してはこちら

    • お問い合わせ・ご予約はこちら

      • WEB予約はこちら

        ご希望の院や⽇時を選べます。
        初回カウンセリングの⽅はWEBからの
        ご予約を24時間受け付けております。

      • お問い合わせは
        こちら

        当院や治療内容について、
        ご質問や疑問点等がございましたら
        お気軽にお問い合わせください。

    ブレインクリニック東京院

    0120-855-899

    受付時間:10:00~19:00

    LINEで相談する
    ブレインクリニック大阪院

    0120-464-707

    受付時間:10:00~19:00

    LINEで相談する