アスペルガー症候群のパートナー(夫または妻)と上手く生活を送るための心得【医師が分かりやすく解説】
アスペルガー症候群の方は、周囲より変わっているととらえられる事があります。
奥さんや旦那さんがアスペルガーであった場合、一緒にいる時間が長い分更に変わっていると感じやすく、戸惑うことも多いですよね?
しかし、アスペルガー症候群の定義や特徴は明確になっているので、扱い方をきちんと把握すれば上手く付き合って良好な夫婦関係を築いていけます。
それではどのように付き合い扱っていけばいいのでしょうか?
その”コツ”を見てきましょう

アスペルガー症候群の夫または妻の対処法

アスペルガー症候群を理解し、受け入れましょう

アスペルガーの人はもともとストレスに対する抵抗が弱いです。
そのため、定型発達の人よりも気を配って接する必要があります。
アスペルガーの人は職場や近所付き合いの中で批判的な評価を受けて、家庭では「気持ちをわかってほしい」などの一方的な要求を多く受けているなどの環境が原因で、精神疾患や依存症などの二次的障害を招く可能性もあります。
また、アスペルガーの根本的な傾向は共通していても、言動の特徴は人によって違うので気になったことは直接聞いてみてもいいでしょう。
ただし、詰め寄るように立て続けに質問するのはやめましょう。
自分が否定されていると感じてしまい、癇癪を起こしたり逃げ出してしまうこともあるので、穏やかに質問するか、感情を込めずに淡々と質問する事を心がけましょう。
気持ちが上手く汲み取れないのも、感情表現が少ないのも、心が通じ合う感覚が得られないのも、全てアスペルガーの特性なんだと理解することが大事です。
もちろんなかなか受け入れるのは難しく、受け入れたつもり・理解したつもりでも「アスペルガーだから…」と言って努力を怠っているように思ってしまうものです。
なので時間をかけてゆっくり理解を深めて行きましょう。
一人で抱え込まず同じ悩みを持つ人との交流会などにいき、話を聞いてもらう機会を作るのもいいかもしれません。

指示やメッセージは具体的に伝える

アスペルガーの人には表情を読み取るのが苦手だったり、物忘れが多い人、片付けが苦手、物事が最後までやり遂げられないなど様々な特性があります。
これは、アスペルガーの人は見ることより、聞くことの方が苦手な傾向があるのが原因では?と言われています。
ですので、やること・買う物リストを作ったり、LINEやメールでリストを共有したり、アラームをセットするのが有効です。
また、アスペルガーの人は表情を読んだり、言葉の裏側を読むことが難しく、例えば「いつでもいいよ」は「やらなくてもいいよ」と捉えてしまう傾向にあります。
急いでほしいとこは、しっかりと伝わるように紙やスマホのメモに期日と一緒に伝えるといいでしょう。
そして、伝え方は遠回しな言い方ではなくシンプルかつストレートにやってほしい事を具体的に伝えあげましょう。