不安障害の一つである「パニック障害」とは何か?【医師が分かりやすく解説】
坂 副院長坂 副院長

不安障害には、「パニック障害」「社交不安障害」「強迫性障害」「外傷後ストレス障害」「全般性不安障害」などいろいろなタイプがありますが、ここでは「パニック障害」に関して解説していきます。

パニック障害の頻度

パニック障害はよくみられる病気で、アメリカの調査によると一生のうちにパニック障害にかかる人は、人口の5.1%と言われています。つまり20人に一人はパニック障害に人生に一度はなるということです。
日本でも、いまパニック障害にかかっている、またはこれまでにパニック障害にかかったことがある人の割合は全体の3.4%で、男女差はだいたい1:3で女性に多く、男性よりも女性の方が罹患率を上回っています。つまり女性の方がパニック障害になりやすいということです。

パニック障害の発症年齢

日本でも外国でも、発症年齢は女性より男性の方が若干低く、女性は21~39歳、男性は20~36歳が平均となっていて、約6割以上の人が35歳までに発症しています。
また、近年パニック障害の発症年齢が低くなってきているようです。パニック障害の症状がそろっていなくても、パニック発作だけが症状として出現するということが3~4歳の子どもにみられることもあります。
注目していただきたいのは、周りの人や両親はこうした状態に異変を感じなかったということです。

パニック障害の症状

パニック発作

DSM-5TM(2013年発行)において、パニック発作は突然凄まじい不快感や恐怖に襲われると共に、以下の13ある症状のうちの4つ以上がいきなり現れる状態のことを指します。
ものの数分で恐怖や不安が最高潮に達します。
  • 1. 身体、手足の震え
  • 2. 頻呼吸、呼吸苦
  • 3. 息が詰まる
  • 4. 寒気やほてり
  • 5. 吐き気
  • 6. 動悸
  • 7. 発汗
  • 8. 胸の不快感、痛み
  • 9. しびれ、うずくような感覚
  • 10. 不安定な感覚、めまい
  • 11. 非現実感、自己分離感
  • 12. おかしくなってしまいそうな恐怖感
  • 13. 死への恐怖
  • パニック発作が起こる原因については、身体的・精神的な面を調べてもわかっていません。
    寝ている間にもパニック発作が起きることがあり、患者さんの全体の約40%にみられます。

    予期不安

    予期不安とは、死んでしまうのではないかと思うほどのパニック発作が起きたあとに、その発作の恐怖が頭から離れず、また発作が起きたらどうしよう、と発作のことばかり考え不安になってしまうことです。
    予期不安により、普段乗っているバスや電車に乗ることが怖くなってしまったりと日常生活にも影響が出ます。
    そして習慣となっていたことや普段の行動も変わっていき、家庭や職場、学校などで生活しづらくなってしまいます。

    広場恐怖

    予期不安の影響で、下記のような場面(2つ以上)を著しく避けるようになります。
  • 1. 家の外に一人でいる
  • 2. 人混みの中にいる
  • 3. 公共の交通機関で出かける
  • 4. 解放空間(広い駐車場、橋など)にいる
  • 5. 閉鎖空間(映画館、お店など)
  • こうした場面を避けるのは、発作が出るかもしれない、度を超えてしまいそう、などの不安が生じ、もしそうなったら逃げられないかもしれない、という恐怖でいっぱいになるからです。
    広場恐怖というのはパニック障害になる前にすでに生じている人が多いです。
    広場恐怖により、外へ出て買い物ができない、職場に行けない、一人いることが不安で仕方ない、など日常生活に大きな支障をきたします。
    またそんな自分を恥ずかしいと思ってしまいがちで、自分から誰かに相談できないことも多いです。
    広場恐怖は慢性化しやすいですが、一方でしっかりと治療に取り組めば徐々に改善されていきます。

    非発作性不定愁訴

    パニック発作の症状が以前よりも落ち着いてはいるものの持続して症状が出現する慢性期には、以下のような症状がみられるようになります。
  • ・身体が熱くなったり、動悸や全身が脈うつような感覚
  • ・視界がゆれる
  • ・汗をかく、または止まらない
  • ・頭がくらくらする
  • ・胸が痛くなる
  • ・喉が詰まったような感覚や息苦しさ
  • ・血圧が上がって頭や目が膨れるような感覚
  • ・食欲減退
  • ・気力がなく疲れやすい
  • ・イライラや気分の落ち込み
  • ・不眠  
  •    など
    初めてパニック障害を発症してから数十年経っても上記のような症状に悩まされることがあれば、症状が激しかった頃と同じ治療を行うことで改善できます。
    また、重度のパニック障害の場合、慢性期になると全身のあらゆるところの痛みや慢性疲労症候群などが現れることがあります。
    パニック障害が長く続く人は、発作などの症状がみられなくても疲れを感じる人が多く、またその疲れはうつ状態が引き起こしていると言われています。

    パニック障害を発症するきっかけ

    初めてパニック発作が起こるときというのは、体調が悪かったり疲れが溜まっていたり、6~7月の気温・湿度が高い時期に多いようです。
    また、タバコや人によってはカフェインの過剰摂取も発作を引き起こす誘引となります。
    そして精神的なストレスも発作を引き起こす誘引であり、ストレスの大半は人間関係に関するものです。
    パニック障害の人はもともとストレスに敏感な人が多いため、職場や家庭内での人間関係が原因となることが見受けられます。
    また、近しい人が亡くなったりといったショックが大きい出来事もことも大きな原因となります。
    学生であれば、初めての一人暮らしなどで親と離れるといったこともストレスとなり、一人で暮らし始めて半年以降に発作が起こる危険性が高いとされています。

    パニック障害になりやすい人

    パニック障害の人は、なにかしらの不安障害を持っていることがほとんどです。
    このことから不安になりやすい、怖がり、といった性格の人がパニック障害になりやすいと考えられています。
    ここで、いくつかの不安障害について紹介します。
  • ・全般性不安障害
  •  非現実的なことを考え込んでしまい、そこから頭痛や不眠など身体の症状も出現する慢性疾患
  • ・特定の恐怖症
  • 生き物や乗り物、狭いところ、暗いところなどをこれと言った理由もなく非常に怖がる
  • ・社交不安障害
  • 自身の容姿や内面のことなどを他者から悪く言われるのを非常に恐れ、人と関わる機会を避ける。
  • ・分離不安
  • 親から離れた際に非常に不安になる
    不安障害を持っていない人でも、バニック障害の原因として、遺伝子、発達障害の特性、周りの環境、ストレスなどが影響していることが分かっています。順番にみていきましょう。

    (1)パニック障害は遺伝するのか?

    パニック障害は遺伝要因がしていることが分かっています。
    その根拠として、一卵性双生児において一方がパニック障害の場合、もう一方がパニック障害になる確率が20~40%と報告されているからです。
    しかし、パニック障害の原因となる遺伝子はCOMT、TPH2といった遺伝子などが最近明らかになってきていますが、特定の遺伝子が強く影響しているのではなく、多くの遺伝子が少しずつ関係することで顕在化するのではないかと推測されています。
    パニック障害の遺伝子 つまりパニック障害は遺伝性があり、いくつかの遺伝子が組み合わさることで発症しやすくなり、そこに環境要因が影響して発症につながると考えられています。しかしひとつの遺伝子だけがパニック障害を生み出しているわけではありません。

    (2)パニック障害になりやすい性格はあるのか?

    内向的(引っ込み思案で内気な性格)、他人の目を気にしやすい、依存性、不安気質(何事にも不安を感じやすい)、神経質などです。
    しかし未だ明確なデータがないというのが現状のようです。
    真面目で心配性や、一人で決断したり行動することをためらう依存的傾向が多いように思われますが、反対に社交的で行動的な人も珍しくありません。
    また仮にパニック障害に特有の病前の性格特徴があるとしても、もともとの性格というよりも、パニック発作を経験することで変化した後の性格をみている可能性もあります。

    (3)子供時代の環境とパニック障害の関係は?

    子供時代に分離不安の体験があると、パニック障害になりやすいという研究報告があります。
    分離不安とは要するに愛着のある親などがいなくなるのではないかと心配することです。虐待や両親の不和、離婚などがこれに該当します。
    幼い頃に虐待を受けていたり、10代前半で親が亡くなった、または離れることになった経験がある人はパニック障害を発症することが多いことがわかっています。
    また、両親から十分な愛情を注がれず、母子間での交流が少なかった人はパニック障害に加えて広場恐怖も抱えていることが多いです。
    「両親はよく夫婦喧嘩をしていました。そのせいでで私がパニック障害になったのですか?」という質問がありますが、夫婦喧嘩はどこの家庭にでもあることなので、それだけでパニック障害になるということはではなく様々な要因が重なって生じると考えられます。

    パニック症障害と合併する疾患

    パニック障害を持つ50~60%の方に、大うつ病性障害の合併に関する報告があります。
    両方の障害を持つ者の約48%でうつ病がパニック障害より以前に発症し、約31%は両方同じ年に発症し、約22%はパニック障害がうつ病より先に発症するという報告もあります。
    社交不安障害(社会不安障害)はパニック障害患者の15~30%に、全般性不安障害は15~30%に、特定の恐怖症は2~20%、強迫性障害は10%以下、PTSD(外傷後ストレス障害)は2~10%にそれぞれ合併すると報告されています。
    また、パニック障害に伴い出現する身体症状は様々あり、過敏性腸症候群・頻尿・過呼吸症候群など診断基準に入っていない症状が合併することも多くあります。

    パニック障害と鑑別を要する精神疾患

    パニック障害と診断するためには、パニック様発作(不安発作)誘発する他の精神疾患ではないことを証明する必要があります。
    「パニック発作」は予期しない状況あるいは状況準備性において起こる発作を指します。
    一方、状況依存性発作とは、ある状況下で必ず発作が起こるもので、社交不安障害・特定の恐怖症・強迫性障害・外傷後ストレス障害・分離不安障害などで生じます。