感覚過敏・HSP外来とは

  • 教室や職場で他の人の話し声が気になって集中できない
  • 晴れていると目が開けられないほど眩しく感じる
  • 服のタグや特定の繊維が気になって着られない
  • 人の気持ちに共感し過ぎてしまい、落ち込んだり泣いたりしてしまう
  • 他者の何気ない発言がいつまでも気になってしまう

このような症状にお悩みの方は多いです。
日常生活、社会生活が全く送れないというわけではありませんが、これらの症状や特性によって生きづらさを感じている方は感覚過敏・HSPと考え、改善や治療をしたほうが良いです。
アメリカ精神医学会の診断基準であるDSM-5では、感覚過敏は発達障害の特性の1つとされています。感覚過敏の症状が発達障害に関連して出ている場合は、背景にある発達障害を改善することで症状が緩和されることもあります。また、HSPについても同様に、発達障害の特性が関係している場合があります。
当院では、子ども~大人の感覚過敏・HSPの改善・治療を行っています。その中でも特に

  • 発達障害の疑いもある
  • 感覚過敏やHSPの特性が原因で生きづらさを感じ、気分の落ち込みを感じる

といった方に対し、QEEG検査やTMS治療といった最先端医療を導入して治療を行っています。
感覚過敏・HSPについてより詳細に知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

対象となる症状

感覚過敏とHSPの違いについてですが、そもそもの定義の違いがあります。
感覚過敏は精神医学の診断基準として広く使用されているDSM-5に、自閉スペクトラム症の特性の1つとして掲載されています。
一方で、HSPは精神医学の定義ではなく、心理学者のアーロン博士によって定義された「生まれつき非常に繊細な人」を指します。
このように、そもそもの定義が異なるものではありますが、症状は類似点が多くあります。

感覚過敏とHSPの類似点

聴覚過敏

  • 蛍光灯や冷蔵庫のわずかな音が気になって我慢できない
  • 会話中に周囲の人の声が気になって、目の前の人の声も雑音のように聞こえてしまう

視覚過敏

  • 太陽光が眩しくて目が開けられない
  • 本の文字が歪んだり重なったりする

触覚過敏

  • 衣服のタグや繊維が気になってしまい不快に感じる
  • 雨や風が痛い
  • 握手など、他人に触られるのが苦手

味覚過敏

  • 味が独特なものや濃いものが苦手
  • 舌触りが苦手な食べ物がある

嗅覚過敏

  • 洗剤や化粧品の臭いで吐き気や頭痛を感じる事がある
  • 臭いに敏感すぎて人の多い場所にいることができない

感覚過敏とHSPの異なる点

感覚過敏

  • 発達障害の症状の1つであることが多く、他者に関心を示さなかったり、表情や言動の機微は感じにくい
  • 普通の刺激を過剰に受け取ってしまう(普通の光がまぶしすぎる、普通の音が大きすぎる等)

HSP

  • 他者の言動や表情に対しても非常に敏感
  • 普通の刺激から得られる情報が多くて混乱する(雑誌コーナーが目に入ると情報量が多くて処理できない、耳から入ってくる音や声に全て反応してしまう等)

また、上記のような症状が原因で本人が受ける過剰なストレスやトラウマが引き金となり、以下のような二次障害が発生することもあります。

二次障害の身体症状

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • チック障害

二次障害の精神症状

  • 不安障害
  • うつ症状
  • 過度な緊張
  • 興奮しやすい

その他の二次障害

  • 不登校・引きこもり
  • 暴言・暴力
  • 自傷行為

当院では上記のような二次障害に対しても適切な治療を行うことが可能です。

感覚過敏・HSPの原因とは

現時点で感覚過敏・HSPの原因はそれぞれ研究段階にあります。
感覚過敏の原因としては、「脳機能の異常」「感覚器の異常」「不安・ストレス」の3つが考えられています。
HSPについては、脳の扁桃体の働きが生まれつき強いという説が提唱されています。また、神経伝達物質のセロトニンを運ぶ力が弱く、扁桃体の興奮を鎮める事ができずに過敏になってしまうとも考えられています。
遺伝要因や環境要因の可能性も検討されていますが、現時点ではまだ答えが出ていません。
また、それぞれの症状の背景には発達障害が隠れていることもあり、発達障害の治療を通して感覚過敏やHSPの特性が緩和され、生きづらさを解消することができる場合があります。

当院の感覚過敏・HSP外来の流れ

当院では、感覚過敏の診断や改善のための治療、HSPの特性の改善を行っています。初診時、再診時の流れについてご説明いたします。

  • 初診の場合
  • 再診の場合
  • 1予約

    当院は初診時も予約制ですので、予約フォームからご予約院やご希望の日時を選択して送信してください。予約が確定しましたら、メールでご連絡を差し上げます。
    ※すべての日時のご希望に添えない場合はお電話を差し上げます。

  • 2来院・問診票記入

    当日ご来院いただきましたら、ご予約名と本人確認のために身分証のご提出をお願い致します。その後、問診票をご記入いただきます。

  • 3問診

    ご記入いただいた問診票の内容をもとに、医師が改めて症状についてご質問いたします。 お困りごとや、症状を疑ったエピソードについてお聞かせください。

  • 4QEEG検査

    問診のあとは、QEEG検査によって脳の状態を客観的に確認します。検査説明から検査終了までの所要時間は約20分です。 検査で痛みを感じることはありませんので、ご安心ください。

  • 5検査結果を元に
    問診・診断

    検査終了後は、QEEG検査の結果を見ながら、医師による検査結果の見方の説明や追加の問診を行い、診断をします。 正常な脳とどこが違うのかを見比べつつ、感覚過敏やHSPの診断を行います。

  • 6治療の流れ説明

    診断結果に応じて、今後の治療の流れをご説明いたします。 基本的には、当院で実施しているTMS治療を軸とした治療計画を練っていきます。 お仕事や学業の状況などを考慮しつつ、治療の間隔や回数について検討します。 また、薬物療法やカウンセリングを並行して行う場合は、その説明も行います。

  • 7終了

    治療の流れの説明が終わったら、お会計と再診の予約をして終了となります。人によって多少前後しますが、ご予約いただいたお時間からおおむね1時間程度でお帰りいただけます。

  • 1予約

    当院では再診の場合も予約が必要です。初診時にご予約いただいた方はその日時にお越しいただき、それ以外の方は予約フォームからご希望の日時をご連絡ください。予約が確定しましたら、メールでご連絡を差し上げます。
    ※すべての日時のご希望に添えない場合はお電話を差し上げます。

  • 2来院

    ご来院いただきましたら受付を済ませてお待ちください。

  • 3診察

    前回の診察からの体調の変化や、お薬の状況(副作用が出ていないか)などをお聞きします。新たに困りごとがある場合もお聞かせください。

  • 4TMS治療

    専用の機器を用いてTMS治療を行います。
    1回のセッションの所要時間は約20分です。
    ※治療の初回は部位の測定もあるため、照射時間とは別に20分必要になります。
    治療の最初は頭皮下の神経や筋肉を刺激され、多少の痛みや違和感を感じることがありますが、治療中に気にならなくなるほど微弱なものです。
    これまでTMS治療を受けた方で、痛みが強くて治療を継続できなかった方はほとんどいませんので、安心して治療をお受けください。

  • 5終了

    治療が終わったら会計をして、次回の予約を取って終了です。
    ご来院いただいてから、おおむね40分~1時間程度でお帰りいただけます。

受診の際にお願いしたいこと

  • ・受診の際には、健康保険証などの身分証明書をご提出いただきますと受付がスムーズですのでご持参ください。
  • ・精神科に関するお薬を服用している方は、お薬手帳や現在服用されている薬のメモ等をお持ちください。お薬の重複、治療として適切か、副作用のあるお薬はないかといった確認を行います。
  • ・QEEG検査では、頭に電極を装着し、少量の水を使用して検査を行います。そのため、検査当日は整髪料の使用はお控えください。また、少々お化粧が崩れる可能性がありますので、化粧直しセットをご持参ください。
  • ・QEEG検査の対象年齢は3歳~ですが、3歳、4歳のお子さまに関しては来院後にQEEG検査が可能かどうかを判断いたします。
  • ・18歳未満の患者さまが親権者のご同席なく診療を受ける場合、親権者様の承諾を頂いております。親権者様のご同席が難しい場合は、同意書にご署名の上、ご持参いただきますようお願い申し上げます。

当院の薬物療法の考え方

当院ではTMS治療のほかに薬物療法も行っておりますが、基本的にはお薬は使わずに治療を進めることを目標としています。 薬物療法はうつ症状や不安症状などにおいて効果が認められていますが、以下のような問題点もあります。
  • 対症療法であり、根本的な治療ではない
  • 頭痛や吐き気、食欲不振、手足の震えといった副作用がある
  • 治療期間が3ヶ月~6ヶ月と長い

以上の問題点を考慮し、根本治療につながる可能性が高く、副作用も少ない、さらに治療期間も短い場合1ヶ月半~2ヶ月で済むTMS治療を最優先の選択肢として考えています。 もちろん、症状が重く、治療に支障が出る場合や、日常生活がままならないようなケースでは薬物療法も並行して行うことがあります。 患者さまとご相談しながら、一人ひとりに最適な治療を進めてまいります。

当院の感覚過敏・HSP外来の特徴

  • QEEG検査による客観的な診断
  • 感覚過敏・HSPグレーゾーンの診断が可能
  • 副作用が少なく、治療期間も短いTMS治療
  • 土日・祝日も診療・電話対応可能
  • 当日診断可能
  • 5歳から高齢者まで診断・治療が可能
  • 英語・中国語にも対応可能

QEEG検査による客観的な診断

当院では脳波によって客観的に脳の状態を把握できるQEEG検査を導入しています。 従来の精神科の診断は医師の主観による部分が大きく、誤った診断や治療が行われ、結果的に症状がなかなか改善しないということがありました。 QEEG検査では人工知能(AI)を用いたディープラーニングによって様々な脳の状態を統計学的に把握し、正確な診断と治療が可能です。 当院では、QEEG検査の結果と問診の結果を合わせて診断しています。 QEEG検査について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

感覚過敏・HSPグレーゾーンの診断が可能

QEEG検査によって、感覚過敏やHSPの診断基準や定義には満たないが感覚過敏やHSPの傾向にあるというグレーゾーンの診断が可能になりました。 グレーゾーンだからといって日常生活や社会生活に支障が出ないわけではありません。何らかの生きづらさを感じている場合は、正確な診断と適切な治療を通して日常の困り感を改善していくことが可能です。

副作用が少なく、治療期間も短いTMS治療

当院では、TMS治療(磁気刺激治療)を導入しています。 TMS治療は医療先進国のアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)や日本の厚生労働省の認可を得た治療方法です。 日本ではまだ一部の医療機関でしか導入が進んでいません。当院ではTMS治療の中でも最新のnovel TBS(ノーベルシータバースト刺激法)を受けることが可能です。
「薬に比べて副作用が少ない 」「治療期間が短くて済む」
といった特徴があるため、お薬が苦手な方、副作用が強く出てしまう方、なるべく早く治したい方に適した治療法です。 感覚過敏・HSPに関しては、背景に発達障害がある場合に症状の改善が期待できるほか、二次障害である抑うつ症状や不安症状に対して効果的です。
TMS治療について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

土日・祝日も診療・電話対応可能

当院は土日・祝日も医師がシフト制で診療しており、平日にお時間が取りにくい方でも受診いただけます。
受付時間は10:00~19:00です。

当日診断可能

当院では当日診断も可能です。
ご予約可能な時間帯をご案内いたしますので、当日診断をご希望の方はお電話にてお願いいたします。

5歳から高齢者まで診断・治療が可能

当院では5歳から高齢者までの診断・治療が可能です。
※3~4歳のお子さまの診断・治療に関しては、ご来院いただいてから検査や治療が可能か判断いたします。

英語・中国語にも対応可能

当院では英語・中国語専門の通訳スタッフが在籍しております。 日本語があまり得意でない方でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

感覚過敏・HSPの症状は日常生活や社会生活に支障をきたします。
自分の特性として理解し、向き合っていくことは重要ですが、少しでも生きづらさや困り感を減らすお手伝いができれば幸いです。
また、客観的かつ正確な検査を通して感覚過敏やHSPの診断を受けることで、日常生活で気をつけるべきことを整理できたり、周囲の理解を得やすくなることもあります。
ご相談だけの受診も可能ですので、少しでもお悩みの方はぜひ一度ご来院ください。

  • WEB予約はこちら

    ご希望の院や⽇時を選べます。
    初回カウンセリングの⽅はWEBからの
    ご予約を24時間受け付けております。

  • お問い合わせは
    こちら

    当院や治療内容について、
    ご質問や疑問点等がございましたら
    お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせの多い項目については「よくある質問」にまとめておりますので、こちらも参照してください。