WISC-IV知能検査とは?検査の内容や分かることについて解説
発達障害専門外来
発達障害専門外来

WISC-IV知能検査とは?検査の内容や分かることについて解説

お子さまが発達障害かもしれないと疑っている方は、WISC-IVを受けてみることをおすすめします。

WISC-IV知能検査とは?

WISC-IV知能検査はウェクスラー式知能検査の1つで、全体的な知的能力や記憶・処理能力を測るテストとして世界各国で使用されています。

年齢によってテストの内容が異なるのが特徴です。

  • WPPSI:幼児用(対象年齢2~7歳)
  • WISC:児童用(対象年齢5歳~16歳11ヶ月)
  • WAIS:成人用(対象年齢16歳~90歳11ヶ月)

WISC‐Ⅳを受けたことがある方が再度検査を実施する場合、最低でも1年程度は間隔を空けることが望ましいとされています。可能であれば2~3年空けたほうが正確です。

この記事では、児童用WISCの中でも最新のWISC-Ⅳについてご紹介します。

WAIS‐Ⅳについては以下のリンクを参照して下さい。

WISC-IV知能検査の内容

WISC-Ⅳは、10種類の基本下位検査と5種類の補助下位検査で構成されます。補助下位検査というのは、必要に応じて行う検査のことです。

得点は、下記の図にあるように全検査IQと4つの指標得点の合成得点として算出されます。

WISC-Ⅳ検査の構成

出展元:WISC™-IV知能検査|日本文化科学社

全検査IQ(FSIQ)

全体的な認知能力を表す項目です。補助検査を除いた10種類の基本下位検査の合計から算出されます。

指標得点

言語理解指標(VCI)

言語による理解力・推理力・思考力に関する指標です。

言語を用いたコミュニケーションや推論などに必要な力と考えられています。

基本下位検査項目:類似、単語、理解
補助下位検査項目:知識、語の推理

知覚推理指標(PRI)

視覚的な情報を把握し推理する力や、視覚的情報にあわせて体を動かす力に関する指標です。

新しい情報に触れたときの見方や解決能力、対応力に影響すると考えられています。

基本下位検査項目:積木模様、絵の概念、行列推理
補助下位検査項目:絵の完成

ワーキングメモリー指標(WMI)

一時的に情報を記憶しながら、処理する能力に関する指標です。

ワーキングメモリは口頭での指示理解や、読み書き算数といった学習能力、集中力に大きくかかわることが指摘されています。

学習障害の方は、このワーキングメモリの指標が低い場合があります。

基本下位検査項目:数唱、語音整列
補助下位検査項目:算数

処理速度指標(PSI)

情報を処理するスピードに関する指標です。

性格的にマイペースな人はこの指標が低い場合があります。

基本下位検査項目:符号、記号探し
補助下位検査項目:絵の抹消

WISC-Ⅳ検査の結果で分かること

WISC-Ⅳ検査の結果からは、様々なことが分かります。

発達障害の可能性が分かる

検査結果から、発達障害の特性がどの程度あるのかを把握することができます。

WISC-Ⅳでは言語性IQと動作性IQがそれぞれ算出でき、その差を測ることで発達障害の疑いがあるかどうかを判断することができます。

この言語性IQと動作性IQの差を「ディスクレパンシー」と呼び、この値が15以上あると「発達障害の疑いあり」とされます。

ただし、発達障害といってもADHDやASD、学習障害などそれぞれ種類があるため、どれに該当しそうかを医師が参考にする程度の指標です。確定診断のためには、問診やQEEG検査(脳波検査)でより正確に発達障害の症状を診察する必要があります。

注意点として、WISC-Ⅳ検査の結果だけで発達障害の確定診断を出すことはできないという点が挙げられます。「発達障害の傾向が見られる」程度の情報だとお考えください。

生活のヒントが分かる

WISC-Ⅳでは、4つの指標それぞれの得点が算出されます。そのため、苦手分野が分かりやすいです。

例えば、先生の話していることが理解できないというお困りごとを抱えたお子さまがいるとします。WISC-Ⅳを受けた結果、ワーキングメモリ指標が低く、耳で聞いた内容を理解するのが苦手であることが分かりました。

こうした特性がわかったため、お子さまの学習がスムーズに進むように、授業内容をプリントアウトして授業前に準備し、それを見ながら授業を聞くといった工夫をすることでお困りごとを軽減するなどの対策ができるようになります。

WISC-Ⅳによって苦手分野を知ることで、どう工夫したらその困りごとが減るのかを検討するヒントを得ることが可能です。

得意分野が分かる

困りごとの原因を探る以外にも、得意分野を見つけるヒントにもなります。

得意なことに取り組むと、周囲から褒められることや賞賛を受けることが増え、自己肯定感の向上に繋がります。

特に発達障害を抱えている場合、周囲に比べてできないことが多いと感じたり、からかわれたりして自己肯定感が低下していることがあります。何をやってもダメだという気持ちが続くと、不登校になったり、うつ病などの精神疾患を発症することもあります。

得意なことを知って伸ばしてあげることは心理的にもいい影響を与えるため、WISC-Ⅳ検査を通してそのヒントを得ることはお子さまにとっていい影響を与えるでしょう。

当院ではWISC-IV知能検査が可能です

ブレインクリニックでは、WISC-IV知能検査を受けることが可能です。

また、検査の後日には心理士による検査結果のフィードバックを行い、強みや弱みを確認したり、日頃のお困りごとについてもお伺いして対応策などを一緒に考えることができます。

検査の結果、発達障害の疑いがあるとなった場合、当院では医師の問診の他にQEEG検査という最先端の脳波検査を行い、脳の状態を客観的に把握して診断します。

QEEG検査では「発達障害の診断には至らないが、発達障害の傾向にある」というグレーゾーンの診断も可能です。これにより、一人ひとりに合った治療をご提案することが可能です。

QEEG検査について詳しくは以下のリンクもご確認ください。

その他、MENSA入会用証明書の発行も可能ですので、ご希望の方はお申し付けください。

MENSAの入会テストは試験日に満15歳以上の方が対象ですので、それ未満のお子さまは証明書による入会のみ可能となっています。ご注意ください。


ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
【50751Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)




15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

8歳女性 学習障害、ADHD合併

技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


QEEG検査に関してはこちら

  • お問い合わせ・ご予約はこちら

    • WEB予約はこちら

      ご希望の院や⽇時を選べます。
      初回カウンセリングの⽅はWEBからの
      ご予約を24時間受け付けております。

    • お問い合わせは
      こちら

      当院や治療内容について、
      ご質問や疑問点等がございましたら
      お気軽にお問い合わせください。

ブレインクリニック東京院

0120-855-899

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する
ブレインクリニック大阪院

0120-464-707

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する