【セルフケアサポート外来】
発達障害専門外来
発達障害専門外来

【セルフケアサポート外来】

当院では、自らのメンタルケア能力を向上させていくことで精神的健康を常に維持できるようにセルフケアサポートカウンセリングを行っております。

厚生労働省も対策に乗り出したメンタルヘルス

厚生労働省の平成25年度医療計画から、従来の4疾病5事業に精神疾患を加えた5疾病5事業の医療体制の整備が推進されるようになりました。

※5疾病5事業:「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」「糖尿病」「精神疾患」の5疾病と、「救急医療」「災害医療」「へき地医療の支援」「周産期医療」「小児医療」の5事業のこと。

メンタルヘルスとは、世界保健機関(WHO)は以下のように定義しています。

自身の可能性を認識し、日常のストレスに対処でき、生産的かつ有益な仕事ができ、さらに自分が所属するコミュニティに貢献できる健康な状態

つまり、日常生活において精神的に安定しており、仕事や学業に打ち込み、社会やコミュニティに貢献できる状態を指します。

心の不調が続くと社会生活がままならなくなるほか、最悪のケースでは自殺にもつながってしまうことがあります。主要国の中で日本の自殺率は非常に高く、その対策としてもメンタルヘルスは重要な位置づけとなっているのです。

セルフケアがなぜ重要なのか

メンタルヘルスが重要なことは間違いありませんが、そのなかでもセルフケアが重要だと言われているのは、以下のような精神疾患の特徴があるためです。

精神疾患は誰でもかかる可能性があるから

精神疾患は、どんなに元気な人でも発症する可能性があります。大切な人との離別、学校や職場などの環境の変化、コミュニティにおける役割の変化など、さまざまなタイミングで発症する可能性があるのです。不調を感じたときに自分で対処できるかどうかは症状の悪化を防ぐために重要で、医療機関を受診するまでに重症化してしまっていると治療に要する時間も非常に長くなってしまいます。

症状に周りの人が気づきにくいから

精神疾患の症状は、骨折などの外傷に比べて周囲の人が気が付きにくいです。そのため、周囲から症状を指摘され、受診を促されることがあまりありません。また、精神疾患に理解のない人が多いのも現実で、精神的な不調を訴えても気にも留めてもらえず、ずるずると症状が悪化していくこともあります。

症状と付き合っていく必要があるから

精神疾患は、通院を始めたからといってすぐに治療効果が出るものではありません。短くても2ヶ月程度、長い場合は一生付き合う必要があるものです。

また、多くの精神疾患は通院すれば治療できるというものではなく、自宅や職場でも自分で治療を続けることが重要です。セルフケアをしながら治療を継続していくことで回復へと向かっていきます。また、精神疾患から回復しても、セルフケアを継続することで再発を予防することに繋がります。

当院のセルフケアサポートの特徴

専門的トレーニングを受けた心理士と1対1のカウンセリング

当院のセルフケアサポートカウンセリングでは、専門的なトレーニングを受けた心理士が患者さまと1対1でカウンセリングを行います。

  • セルフケア能力向上に寄与するサポートの実施
  • セルフケアに関する様々な情報の提供
  • 効果的な実施方法に関する最新情報のご説明

上記のようなサポートを通じ、患者さまのセルフケア能力の向上を目指して一緒に考えてまいります。

豊富なセルフケア方法のサポート

当院では様々なセルフケア方法を取り扱っておりますが、よく取り扱うセルフケアの代表的な4つの方法があります。

マインドフルネス

私たちは、目の前のことに集中しているようで、実は過去や未来のことを考えて「心ここにあらず」になっている時間が非常に多いです。特に、過去の失敗や未来への不安のようなネガティブなことを長く考えてしまっています。

こうした状態から抜け出し、心が今この瞬間に向いている状態をマインドフルネスと呼びます。

何の評価も判断も挟まず、この状況、状態をそのまま受け止める術を習得することで、身の周りで起こることを俯瞰して見ることができ、穏やかでいられるようになります。

マインドフルネスは現在脳科学分野で積極的に研究が進められている分野で、2013年には延べ被験者数1万2000人以上のデータを対象にメタ分析がなされ、不安やうつ、ストレスの減少に効果があるという研究報告がされています。(参照:Khoury B, et al., Mindfulness-based therapy: A comprehensive meta-analysis, Clinical Psychology Review, 2013 August; 33(6):763?771.

マインドフルネスについて詳細に知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

自律訓練法

自律訓練法は世界的によく知られるリラクゼーション法の1つで、1932年にドイツの精神医学者J・H・シュルツ氏が提唱しました。

自律神経のバランスを取ることを目的としたトレーニングで、自分自身に規定の自己暗示をかける方法で自己催眠状態を作り出し、交感神経と副交感神経のバランスを整えていくものです。

自律訓練法では、以下の手順で精神を落ち着け、リラックスしていきます。

  1. 背景公式(気持ちを落ち着ける)
  2. 6つの公式(身体の状態を感じる)
  3. 消去動作

背景公式~第6公式までの行程で約15~20分ほどかかります。時間のないときには第2公式までの実施でも十分な臨床的効果が得られることが自律訓練法の臨床研究で分かっています。

自律訓練法によって、深くゆっくりとした呼吸や脈拍の落ち着きなど、副交感神経の活性化を図ることが可能です。寝付きやすさが向上したり、リラックスすることで仕事や勉強の効率アップ等の心身のリラックス効果等もあります。

自律訓練法についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

臨床動作法

臨床動作法は、臨床心理学者の成瀬悟策が開発した心理療法です。

動作体験を通して心や生活のあり方を見直す方法で、自然な動作の獲得と心理的成長を目的として行われます。

自然な動作の獲得というのは、例えば肩に力が入る癖がある場合、「肩の緊張を緩めること」がどういった状態で、どのようにしてその状態に至ることができるかを練習していきます。肩の緊張を緩める動作を獲得することで、必要のない場面で肩に力が入らないようにできます。

臨床動作法は精神疾患の患者さまのリラックス法や、スポーツ選手のパフォーマンス向上のために利用されることが多いです。

臨床動作法についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

認知行動療法

認知行動療法は、ある事象が発生したときの「受け取り方」や「ものの見方」にはたらきかけて考え方を変えていくことで、心のストレスを軽くしていくことを目的とした方法です。

この「受け取り方」や「ものの見方」を認知といいます。

認知には何かが起こったときに瞬間的に浮かぶ考えやイメージがあり、これを自動思考と呼びます。

自動思考は、状況→自動思考→スキーマという形で整理する事ができます。例えば以下のような例です。

【状況】
面接で3回も落とされてしまった

【自動思考】
自分は世の中に必要とされていないのだ

【スキーマ】
私は無能で何もできない人間だ

このように、自動思考によってネガティブな方向に偏ってしまうと自分の気持ちがそれにつられて落ち込んでいきます。

事実、うつ状態にある方の認知は極端にネガティブなことが多いです。

この自動思考や行動のくせを見直し、現実的に柔軟な考えができるようにしていくのが認知行動療法です。改善法として、思考記録表の作成、行動計画の作成などが挙げられます。

認知行動療法についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

お気軽にお問い合わせください

セルフケアは、精神的健康を維持する上で誰にとっても重要です。日々の生活でリラックスしたり、集中したりするための方法を習得しておくことは、精神疾患の予防に効果的です。当院では患者さまの性格や特性に応じ、様々なセルフケア方法をご提案・サポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

WEB予約はこちら

お問い合わせはこちら


ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
【50749Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)




15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

8歳女性 学習障害、ADHD合併

技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


QEEG検査に関してはこちら

  • お問い合わせ・ご予約はこちら

    • WEB予約はこちら

      ご希望の院や⽇時を選べます。
      初回カウンセリングの⽅はWEBからの
      ご予約を24時間受け付けております。

    • お問い合わせは
      こちら

      当院や治療内容について、
      ご質問や疑問点等がございましたら
      お気軽にお問い合わせください。

ブレインクリニック東京院

0120-855-899

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する
ブレインクリニック大阪院

0120-464-707

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する