【ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)外来】
発達障害専門外来
発達障害専門外来

【ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)外来】

当院では、お子さまから成人までを対象にソーシャル・スキル・トレーニングを実施しています。最新のVR(拡張現実)を活用し、よりリアルな環境でのトレーニングを何度でも再現することができます。

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とは?

ソーシャル・スキルとは、社会で人と人とが関わりながら生きていくために欠かせないスキルのことで、そのスキルを習得する練習のことを「ソーシャル・スキル・トレーニング」と呼びます。

英語では「Social Skill Training」というため、その英語の頭文字をとって「SST」と呼ばれることも多くあります。

つまり、ソーシャルスキルとは、社会(ソーシャル)の中で暮らしていくためのスキルのことを言います。

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)では、例えば以下のようなことを取り扱います。

  • 自己紹介
  • 友達同士のうわさ話
  • 何かをしてもらったときのお礼
  • LINEの既読スルー
  • 受験・就職の面接
  • 電話対応
  • 就労体験

こういった体験のほか、毎日歯を磨くなどの日常的な動作まで対応しています。

ソーシャル・スキルは後天的な能力

ソーシャル・スキルは、先天的に獲得される能力ではありません。人は生まれてから多くの人々と関わりながら知識を身につけ成長していきます。

一般的なお子様は、トレーニングをしなくてもソーシャル・スキルを身につけられることが大半です。

親や周りの人の行動を見聞きしたり、「挨拶しなさい」「そんなことを言ってはいけません」などのように、言葉で習ったりして、自然に社会生活に必要な行動を習得し、小さな成功体験を積み重ねることで自己肯定感も育っていきます。

発達障害の場合はトレーニングが必要なケースもある

発達面にアンバランスさのあるお子さまは、ソーシャル・スキルの習得に何らかの困難を抱えており、単に学校や家庭等で社会生活を過ごすだけでは適切な対人関係を築くことが難しいことが多いです。

その習得の困難さは、その子どもの持つ特性によって様々です。その為、このような対人関係につまづきを示す子ども達が、それぞれの発達段階において獲得すべきスキルを習得する為には、ソーシャル・スキル・トレーニングが必要となるのです。

大人の発達障害の生きづらさの解消にもトレーニングは重要

ソーシャル・スキル・トレーニングは子供だけが対象ではありません。発達にアンバランスのある成人の方の場合、職場でのコミュニケーションの行き違い、報連相等の伝達ミス、業務上のケアレスミス等の問題等で日常生活において生きづらさを感じている方がたくさんいらっしゃいます。そういった方々に対してもソーシャル・スキル・トレーニングを通して自分らしく生きていくスキルを獲得していただくことにより、幸福度の高い充実した人生を送ることができるようになります。

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)の定義

ソーシャル・スキルの方法等は各研究者や団体等によって様々ですが、以下に日本で主要な団体である一般社団法人SST普及協会では、SSTを以下のように定義しています。

“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では「スキル教育」とも呼ばれます。

SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい支援方法で、対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能に関わる日常生活技能を高める方法が開発されています。近年わが国でもその効果が認められ、1994年4月「入院生活技能訓練療法」として診療報酬に組みこまれました。

現在では、医療機関や各種の社会復帰施設、作業所、矯正施設、学校、職場などさまざまな施設や場面で実践されています。家庭や職場訪問など地域生活の現場での支援も行われています。精神障害をもつ人たちをはじめ社会生活の上で様々な困難を抱えるたくさんの人たちの自己対処能力を高め(エンパワメント)、自立を支援するために、この方法が広く活用されることが期待されています。

引用:一般社団法人 SST普及協会 「SSTとは」

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)は何に役立つのか

療育(ソーシャル・スキル・トレーニング)

SSTは社会生活でのささいな困りごとの解決に役立ちます。

SSTは子供から大人までが対象となり、特に対人コミュニケーションに関わるようなテーマのトレーニングに有効です。以下に子どもの例と大人の例を挙げます。

子どものコミュニケーションの例

  • 友達を遊びに誘う
  • 友達のお願い事を断る
  • うわさ話の意図を読み取る
  • お礼を言う
  • ルールを守らない人に注意する

大人のコミュニケーションの例

  • 残業を上手に断りたい
  • 飲み会を途中で抜けて帰りたい
  • 迷惑にならないように質問したい
  • 会議で反対意見を伝えたい
  • わからないことを相談できるようにしたい
  • 電話の応対をスムーズにできるようにしたい

上記のように、正解があるわけではないけど適切な対処法があるようなテーマに有効です。

一人ひとりがどう対処したらいいかを自分で考え、実践することで、実際にそういった場面に遭遇したときに適切に対処できるようにすることがトレーニングの目的です。

ブレインクリニックのSSTの特徴

VRを使った次世代のSSTを提供


当院のソーシャル・スキル・トレーニング外来では、株式会社ジョリー・グッドの『emou』というVRトレーニングサービスを導入しています。

emouのVRによって、例えば、学校(小学校)、職場、就職面接の特定の場面での集団生活をリアルに体験していただくことで、社会で人と人とが関わりながら生きていくために欠かせないスキルを何度でも訓練することができる次世代のソーシャル・スキル・トレーニングプログラムを提供いたします。

療育(ソーシャル・スキル・トレーニング)

VRを使用することで、リアルな場面を何度でもトレーニングに活用可能です。

相手の目線や表情、言動を通して体験型トレーニングを行うことができます。

従来のワークシートやロールプレイ方式では再現できなかったリアリティをVR体験を通して学習可能です。

療育(ソーシャル・スキル・トレーニング)

また、当院には医師や精神保健福祉士も在籍しており、一人ひとりの特性にあった提案が可能です。

VR体験と並行して対人関係スキルトレーニングやブレインストーミングも行うことで、より社会に適応しやすくなります。

発達障害に効果のある繰り返し学習

療育(ソーシャル・スキル・トレーニング)

発達障害(学習障害、ADHD、自閉症スペクトラム障害)や知的障害、協調運動障害がある場合は、ソーシャルスキルをすぐには身に着けられないケースが多いです。

VRを使って何度も同じ場面をトレーニングすることで、一人ひとりのペースに合わせて発達障害の方々に新たな視点を持たせることが出来ます。

実際、大人の発達障害や精神疾患に対してSSTは治療として採用されることもあります。

VR以外にもご希望に合わせてロールプレイ形式でトレーニング可能

また、VR以外にも皆様のご希望に合わせてロールプレイ方式で希望の場面を想定し、個別にトレーニングを行っています。

どのようなことでお困りなのか、また希望をお聞かせいただき、どのようなサポートができるのかについてご一緒に考えていきます。

患者さまそれぞれの目的に合わせ、その方に適したソーシャル・スキル・トレーニングの方法を用いて日常生活で自分らしい生き方ができるようにサポートいたします。

VRによるソーシャル・スキル・トレーニング(SST)を利用された方の声

  • 保護者(お子さま:15歳男児)
    対人関係が困難で、実際に人と話しをしたりすると、失敗することを恐れてしまいますが、VRでは失敗を恐れずにチャレンジできていたように思います。また、同じシュチュエーションでも繰り返し訓練でき、失敗してもやり直しできるところも魅力的に感じました。週1回くらい利用することでかなりスキルアップに繋がると感じました。
  • 保護者(お子さま:13歳男児)
    これまでSSTの体験イベントは拒んでいましたが、ゲーム感覚で参加できるとあってVR体験では楽しんでいた様子でした。VRの場合、言葉が詰まったりしても、何度でもやり直せるという部分がいいなと感じました。遊び感覚で訓練ができるのは魅力的です。
  • 体験者(20代男性)
    没入感がとにかくすごくて、実際に自分が画面の中にいるような感覚を覚えました。面接ではいつも緊張してしまうので、もしこの機械が家にあれば、いつでも訓練することができると思います。50〜100回くらい練習すれば、緊張もなくなるかもしれません。
  • 体験者(20代男性)
    VRで面接体験をしましたが、実際は恥ずかしくなって言いたいことが言えなくなるときもありましたが、気にすることなく訓練を受けられました。また、面接の練習相手はいつも一人なので、複数の人と面接体験ができるのは貴重。VRを通して、職業体験もしてみたいと思いました。

お気軽にお問い合わせください

ソーシャル・スキル・トレーニングは、子どもから大人まで幅広く対象となっています。

医師や精神保健福祉士、心理士が一人ひとりの困りごとに寄り添い、ご一緒に改善していく方法を考えます。ご相談のみの受診も可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

WEB予約はこちら

お問い合わせはこちら


ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
【50746Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)




15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

8歳女性 学習障害、ADHD合併

技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


QEEG検査に関してはこちら

  • お問い合わせ・ご予約はこちら

    • WEB予約はこちら

      ご希望の院や⽇時を選べます。
      初回カウンセリングの⽅はWEBからの
      ご予約を24時間受け付けております。

    • お問い合わせは
      こちら

      当院や治療内容について、
      ご質問や疑問点等がございましたら
      お気軽にお問い合わせください。

ブレインクリニック東京院

0120-855-899

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する
ブレインクリニック大阪院

0120-464-707

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する