【ペアレント・トレーニング外来】
発達障害専門外来
発達障害専門外来

【ペアレント・トレーニング外来】

当院では、子育てでお悩みの方々に対してペアレントトレーニングを個別に実施しています。

ペアレント・トレーニングとは

ペアレント・トレーニングとは、子どもとのより良い関わり方を学び、日常の子育てに関する困りごとを解消して楽しく子育てができるように支援する保護者向けのプログラムです。

1960年代にアメリカで開発されたトレーニングで、支援機関で行われている子どもへの療育を家庭でも行えるようにすることで、療育の効果向上を目的とされていました。

その後、発達障害や知的障害のお子さまを持つ保護者向けのプログラムも開発されてきました。

現在では厚生労働省による発達障害者支援施策の一つにも位置づけられており、国を挙げてプログラムの認知拡大に取り組んでいます。

当院のペアレント・トレーニング

当院ペアレント・トレーニングでは、「子どもとの適切な接し方が分からない」、「子どもとのコミュニケーションをもっと楽しみたい」等、子育て上でのお悩みがある方を対象としております。

保護者の皆様がお子さまの特性について、正しい知識や困った行動への対処法を始め、お子さまの力を伸ばすための効果的な働きかけについて学んでいただきます。

ペアレント・トレーニングに関する様々な方法を保護者の皆様の実情に合わせて活用していただくことで、お子さまの行動にポジティブな影響を及ぼし、目に見えて、好ましい行動が増え、好ましくない行動が減っていくということが現実のものになってきます。

もし、子育て上でお悩みの保護者の方がおりましたらぜひ一度、当院のペアレント・トレーニングをご活用ください。

概要

当院のペアレント・トレーニング外来では以下のようなトレーニングや説明を行っております。

お子さまの効果的なほめ方

お子さまが好ましい行動をした際に、どのようにほめるとその行動を習慣化できるのか、自ら進んでやるようになるのかを考えながらトレーニングしていきます。

お子さまの発達段階にあわせた適切な理解および効果的な関わり方

発達段階に応じて、お子さまの成長のために必要な関わり方は異なってきます。お子さまの行動や言動の適切な理解をとおし、保護者の効果的な関わり方をトレーニングしていきます。

お子さまの問題行動が生じた際に注意すべき点とその適切な理解および効果的な関わり方

お子さまが好ましくない行動をした際には、頭ごなしに叱りつけるだけが保護者の取るべき行動ではありません。どのように指示を出したら良いのか、どうやって本人に気づいてもらうのかを考え、適切な関わり方をトレーニングしていきます。

ペアレント・トレーニング方法の説明

ペアレント・トレーニングと一口に言っても、お子さまによって適切な方法は異なります。

さまざまなトレーニングを紹介しつつ、お子さまに合ったトレーニングをご一緒に考えていきます。

育児やお仕事で抱えているストレスのセルフケアサポート方法の説明

ペアレント・トレーニングの他にも、保護者の方が育児やお仕事で抱えるストレスや困りごとのセルフケアについてもサポートいたします。さまざまなストレスとの向き合い方を知ることで、お子さまとの関わり方に疲弊してしまわないようにしていきます。

特徴

小学校低学年(子ども)のお子さまから成人した方まで幅広い範囲の年齢層のお子さまとの養育や関わりあいなどでお悩みの方を対象に上記のようなプログラムを実施させていただいております。

ペアレント・トレーニングの対象をお子さまから中高生までを対象とする実施機関が多い中、当院のペアレント・トレーニング外来では、主に発達障害の症状などでお困りのお子さまから成人の方までを対象に幅広い年齢層の方にも対応させていただいております。

お子さまとの適切な接し方、関わり方がわからないというお困りごとがございましたら、お子さまが成人であっても対応可能です。お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

子育ては悩みごとがつきものです。特に、発達障害のお子さまとの向き合い方は周囲に相談できる方がおらず、大きなストレスになってしまっていることもあります。

当院では精神科医師や社会福祉士、心理士といった発達障害に詳しいドクター・スタッフがおりますので、お子さまへの接し方に困っている、悩んでいるという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

ご相談のみの受診も可能です。

WEB予約はこちら

お問い合わせはこちら


ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
【50751Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)




15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

8歳女性 学習障害、ADHD合併

技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


QEEG検査に関してはこちら

  • お問い合わせ・ご予約はこちら

    • WEB予約はこちら

      ご希望の院や⽇時を選べます。
      初回カウンセリングの⽅はWEBからの
      ご予約を24時間受け付けております。

    • お問い合わせは
      こちら

      当院や治療内容について、
      ご質問や疑問点等がございましたら
      お気軽にお問い合わせください。

ブレインクリニック東京院

0120-855-899

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する
ブレインクリニック大阪院

0120-464-707

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する