セルフケアサポートカウンセリング
発達障害専門外来
発達障害専門外来

セルフケアサポートカウンセリング

当院のセルフケアサポートカウンセリングでは、ストレスが多い現代社会においても多くの方々に自らのメンタルケア能力を向上させていくことで精神的健康を常に維持し続けていくことができるようサポートさせて頂いております。

専門的なトレーニングを受けた心理士がセルフケアに関する様々な情報の提供、またセルフケアをする為の効果的な方法に関する最新の情報について皆様にご説明させていただきます。

具体的な実施方法としましては、例えば、マインドフルネス、自律訓練法、臨床動作法、認知行動療法などセルフケア能力向上へと繋がるような様々な方法を用いて1対1でのカウンセリング方式で対応させて頂いております。

今回は、特に当院のセルフケアサポート外来でもよく取り扱っているセルフケアに有用性の高い代表的な方法としてマインドフルネスと自律訓練法がございますので、その2つの方法についてご説明させて頂きます。

マインドフルネス

マインドフルネスとは、今この瞬間の現実に気づきを向け、その現実をあるがままに体感し、それに対する思考や感情にはとらわれない心の持ち方、意識の向け方のことです。

もう少し分かりやすくご説明すると今この瞬間を意識的に観察し、感じること、何の評価も判断もさしはさまずにこの状況や状態もそのまま受け止めることです。

つまり、「『今、この瞬間』を大切にする生き方」を指します。

マインドフルネスを習得し、日常生活で常に使いこなすことができれば自分の周りでおこる物事を俯瞰して見ることができるようになり、いつも心穏やかにいられるようになることが可能です。

さらに心身の総合的な健康をコントロールできるようになり、パフォーマンスも上がっていくことが、脳科学分野の研究によって実証されております。

マインドフルネスを日常生活で常に使いこなすことができることで、いつも心穏やかにいられるようになり、それに伴いより以前よりもより寝付きやすくなったり、学業や仕事等のパフォーマンス向上等より良い結果に導いていくことが可能となります。

自律訓練法

 「自律訓練法 Autogenic Training」とは、ドイツの精神科医Schultzらによって考案されたリラクゼーション技法です。

 自律神経のバランスをとることを目的としたトレーニングです。自律神経とは、脳からの指令を受けて、全身の臓器や筋肉の働きを調節する神経です。

 自律神経には2種類あり、活動時や昼間に活性化して全身を緊張させるのが「交感神経」、安静時や夜に活性化して全身をリラックスさせるのが「副交感神経」です。ストレスや緊張が強い状態になると交感神経が活発になり過ぎ、心身が疲弊してしまいます。

健康的な生活を送る為には、この2つの神経のバランスがとれていることが大切です。

自律訓練法は、自分自身に規定の自己暗示をかけることで自己催眠状態(例:うとうとした安らぎの状態)を作りだし、交感神経と副交感神経のバランスを整えていくものです。

 自律訓練法の実施の流れとしては、まず「気持ちを落ち着ける」というトレーニング(背景公式)から開始し、6つのトレーニング(公式)を行って、最後に消去動作を行って頂きます。

消去動作を行う理由は、自律訓練法をやると自己催眠状態に陥り、副交感神経が優位になることになり、リラックス状態になるため、その状態から覚醒させる状態に引き戻すことが目的になります。

 ただ、就寝前に行った場合は、副交感神経が優位になることでリラックス状態となりより寝付きやすい状態になるので、消去動作を行う必要はありません。

背景公式から第1~6公式まで全てを終了するのにだいたい15~20分間程時間を要します。

時間のない時には、第2公式まで行ってもよいでしょう。

第2公式まで実施するだけでも十分な臨床的効果が得られることが自律訓練法の臨床研究で分かっています。

 上記のことから就寝前に自律訓練法を行うことで、副交感神経が優位になるので、心地よくより寝付きやすい状態となります。

 自律訓練法によって得られる効果としては、深くゆっくりとした呼吸になったり、脈拍が落ち着くなどの副交感神経の活性化と蓄積された疲労の回復やイライラせずに穏やかになる、仕事や勉強の効率アップ等の心身のリラックス効果等もあります。

 上記のように、マインドフルネス、自律訓練法は共に心身のメンタルヘルスを向上させる効果がある代表的なセルフケアサポート方法であると言えます。

 当院心理外来におけるセルフケアサポート外来では、ストレスが多い現代社会においても多くの方々が自らのメンタルケア能力を向上させていくことができるようにサポートいたします。

専門的なトレーニングを受けた心理士が上記でご説明したようなマインドフルネス、自律訓練法などの有用性の高いセルフケアに関する様々な情報提供、またセルフケアをする為の効果的なセルフケアの方法に関する最新の情報についてご説明させていただきます。

 セルフケアサポート外来についてもし気になる方がおりましたら、どのようなことでお困りなのか、またどうしていきたいのかに関するご希望をお聞かせいただき、どのようなサポートができるのかについてご一緒に考えていきます。

 患者様おひとりおひとりの目的に合わせてその方に適したセルフケアの方法を用いて日常生活でより適応した生き方ができるようにサポートさせていただきます。


ブレインクリニック大阪院院長による書籍 生きづらさの正体 発達障害の捉え方 期間限定 無料ダウンロードはこちら
【41121Download】-ikidurasanoshotai.pdf 1.8 MB

医師の主観ではなく、客観的なデータで診断
脳の状態を診断するQEEG検査(定量的脳波検査)


15歳男性 ADHD、アスペルガー症候群合併

21歳男性 アスペルガー症候群、不安障害合併

22歳女性 アスペルガー症候群、うつ合併

8歳女性 学習障害、ADHD合併

技術の進歩により、治療前と治療後のQEEGの変化を客観的に評価することも可能になりました。
QEEG検査で脳の状態を可視化し、結果に応じて、薬を使わない治療など個人に合った治療を提案します。


QEEG検査に関してはこちら

  • お問い合わせ・ご予約はこちら

    • WEB予約はこちら

      ご希望の院や⽇時を選べます。
      初回カウンセリングの⽅はWEBからの
      ご予約を24時間受け付けております。

    • お問い合わせは
      こちら

      当院や治療内容について、
      ご質問や疑問点等がございましたら
      お気軽にお問い合わせください。

ブレインクリニック東京院

0120-855-899

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する
ブレインクリニック大阪院

0120-464-707

受付時間:10:00~19:00

LINEで相談する