発達障害の子どもの特性に合わせた幼稚園の選び方
発達障害のある子どもを持つ親にとって幼稚園選びは重要です。
どのように選んだらいいのか、受け入れ先はあるのか不安に感じる方もいることでしょう。
発達障害を持つ子の幼稚園選びについてのポイントをいくつかあげていきたいと思います。

発達障害のある子どもの幼稚園選びの問題点と解決策

選び方が難しい

発達障害の子の場合、程度の個人差があり定型発達の子との違いを認識しにくい場合もあります。
自分の子の特徴を把握し、よく理解していないと合った園を探すのは難しいでしょう。
➡発達支援センターや医療機関に相談してみましょう。

子どもの気持ち

親が子供に通わせたいと思うのと、子どもが通いたいと思うかは別です。
発達障害の特徴がある場合、言葉の遅れや、こだわりが強かったりして、幼稚園に興味を示さない場合もあります。
➡幼稚園と連携をとって解決方法を探していく、または専門家に相談することも大切です。

入園拒否

発達障害の子の受け入れを断られる場合もあります。
時には傷つく言葉を言われることもあるかもしれません。
➡入園を断られた場合、子どもを受け入れてくれる別の園を探しましょう。そのような園とはご縁がなかったと受け流していきましょう。

発達障害のある子どもの幼稚園選びをする前に

発達障害の子を幼稚園に入園させる前に、どのように進めていくのか事前に準備することは非常に重要です。

始める時期

入園予定の希望日より半年前くらいから準備を始めたいものです。情報収集は早めに行い、同じような症状をお持ちの子の先輩ママから情報収集を行うのもおすすめです。

相談する

幼稚園に入れる前に「子育て支援課」などに相談しましょう。また、療育の先生に相談するのもいいでしょう。発達障害の受け入れがある園について教えてもらうこともできます。

園に伝える

発達障害について幼稚園側に伝えておいたほうがよいでしょう。入園前に特徴や症状を伝え、相談しておくと後々の食い違いを防ぐことができます。

発達障害への理解

発達障害に対して理解があり、どのような対応をするのか確認しておきましょう。経験豊富な園であれば不安も少ないでしょう。

加配制度

加配とは、居住している市区町村に申請することによって、子どもが通う施設において、必要な支援を受けられる制度です。
発達障害、自閉症、言葉の遅れなど、障害と認められた子3人に対して1人、保育園の先生を余分に付ける国の制度です。
加配制度には定員もあるため、利用が可能かは園に問い合わせてみましょう。加配の申請は親が行う必要があります。

入園のタイミング

同学年の定型発達の子と同じタイミングで入園することがいいとは限りません。これからの将来や集団生活をおくることを考えると、焦らずに決めることが重要です。
1年間「療育」をした後に幼稚園に通う方がストレスなく過ごせることもありますので、特性や状態をよく見て決めましょう。

発達障害のある子どもの幼稚園選びが重要な理由

幼稚園は子どもが集団生活へと踏み出す一歩とも言えます。
この先に続く人生の基盤として重要な役割を担います。
生活習慣をつけ、コミュニケーションの取り方を学び、友だちをつくることが大切です。 たくさんのコミュニケーションを通し社会生活を促しましょう。

まとめ

発達障害の子の幼稚園生活は今後の人生に少なからず影響をもたらします。現在はインターネットなどからさまざまな情報が入手できます。
ママ友や地域のコミュニティ、市区町村で行っている窓口などからも情報を得ることもできます。
自分で園に確認し確かめることも大切です。お子さんの特性にあった幼稚園選びは慎重に行いましょう。